« 台風接近 | トップページ | ホームページ »

2004年10月 9日 (土)

稲垣吾郎版「八つ墓村」

先日10/1に放映された、稲垣吾郎版「八つ墓村」を遅れ馳せながら見ました。個人的には稲垣吾郎の金田一耕助は結構似合ってると思います。
八つ墓村は金田一耕介シリーズの中でも多く映像化されてて、古谷一行版と豊川悦司版、それと渥美清版があります。(私が知ってるのはこの3作。他にもあるかもしれません)
内容的には渥美清版が一番凄まじいと思います。原作とはちょっと違いますけど。

稲垣版ですが、なぜ田治見家関係者以外の村人はあんなにみすぼらしく表現されてるんだろう(^^;
中核を担う田治見辰弥役を藤原竜也が演じてたんですが、すみません、私あんまり好きじゃないので(ぉぃ)
なんか、全体を通して一番すごい演技だったなと思ったのが、吹越満演じる田治見久弥の息を切らして咳をしつつ関係者を紹介するシーンですかね。いや、あれはすごかったですよ。

八つ墓村のインパクトと言えば、やっぱり双子の婆さんと、濃茶の尼でしょう。「たたりじゃ~!」ってやつです(笑)
他の作品に比べて濃茶の尼がちょっと弱かったかなという印象がありました。

実は4月に稲垣版の犬神家の一族もやってたんですね。見逃してた~。見たかったな。
DVD化しないかな。

|

« 台風接近 | トップページ | ホームページ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/1637696

この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣吾郎版「八つ墓村」:

« 台風接近 | トップページ | ホームページ »