« どうなる球界 | トップページ | ジョン・カーペンター「光る眼」 »

2004年9月16日 (木)

心の隙間

長崎県佐世保市の小6同級生殺害事件で、加害者少女への措置が決まったようです。
これについて、加害者側、被害者側の双方の立場からの記事が配信されてたので、合わせてリンクしておきます。

<小6同級生殺害>被害者の父、「なぜ怜美が」見えなかった (毎日新聞)

加害女児「命奪った」実感できず…佐世保小6事件 (読売新聞)

時間だけは過ぎましたが、結局加害者少女は自分のやった事が理解できてないみたいですね。
被害者のお父さんのコメントにもありましたが、同様の少年少女はたくさんいる訳で・・。
法的な処遇については解決したのかもしれませんが、「これからだ」というお父さんのコメントが被害者・加害者双方の本当の状態なんだと思います。

マスコミも流行り廃りを追うだけじゃなくて、こういう事件を継続的に追って欲しいところ。

|

« どうなる球界 | トップページ | ジョン・カーペンター「光る眼」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/1447532

この記事へのトラックバック一覧です: 心の隙間:

« どうなる球界 | トップページ | ジョン・カーペンター「光る眼」 »