« キムタクが事故を | トップページ | 牛の角 »

2004年8月 3日 (火)

思慮が足りない

3つほど。

警察、7人刺殺容疑者めぐるトラブル放置
兵庫県加古川市内の2つの民家で2日未明、無職藤城とし子さん(80)ら7人が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕状が出ているおいの無職藤城康孝容疑者(47)が近所の住民と再三、トラブルを起こし、住民が加古川署に相談していたのに、事実上、放置されていたことがわかった。(読売新聞

なぜかこういう事件が発生すると、事前に相談を受けた警察が動いてなかったという事実が浮かび上がってくるんですよね。なんなんでしょう。
全部が全部とは思いませんけど、めんどくさがって何もしない場合って実はかなりあるんじゃないですかね。
ストーカー殺人の時もそうでしたけど、事前に警察が動いていれば少なくともこんな大虐殺みたいな事件は防ぐ事ができた可能性もあったと思うんです。
今回の事件も、最初は相談受けた事実は無いとか言ってましたしね。上が知らなかっただけなのか、面倒を回避しようと思ったのかはわかりませんけど。
事件解決に向けてがんばるのは当然ですが、なぜ事前に行動できなかったのかの理由を追求する必要もあるでしょう。何のための警察なんだという事になりますよね。


「小麦不使用」実際は使用 男児がアレルギー発症
都福祉保健局によると、商品名は「アマランスプレーンビスコット」。小麦が食べられない人用に利用される南米原産の穀物アマランスを原材料としていたが、一緒に使われていた粉末の天然酵母に小麦粉が使われていた。(共同通信

小麦アレルギーの人のためのビスケットなんですから、使用している材料には細心の注意が必要なんです。だって、あきらかにアレルギーの人が食べるとわかってるじゃないですか。
自分達がどんな商品を扱っているのかという自覚が無さすぎ。
何だかんだと理由説明するような状態だったら、もうそういう商品を取り扱ってほしくないですね。
表示を見逃すとかそういうレベルの話じゃありません。成分調査するとか、それくらいの慎重さが求められるという事ですよ。


7人殺害容疑者、別人の氏名を掲載…アサヒ・コム
朝日新聞のインターネットの情報サイト「アサヒ・コム」に2日午後、掲載された兵庫県加古川市の7人殺害事件に関する記事で、殺人容疑で逮捕状が出た康孝容疑者の関係者の男性の氏名が誤って約1時間にわたって容疑者として記載された。(読売新聞

なぜにこんなミスが?
インターネットでニュース配信するのはもはや当たり前になってきて、各社いかに早くより詳細なニュースを展開できるかと躍起になっている部分もあるかと思います。
たまにタイトルだけで中身の無いニュースが配信されたりしますしね。まー、落ち着け。
でも、インターネットで情報を発信するという事を軽く見てる感じを受けませんか?
1時間だけだったと言うかもしれませんが、その1時間でどれだけの人がその誤ったニュースを読んだんでしょうね?
しかも最近特に騒がれている個人情報のミスですよ。名誉毀損で訴えられても仕方ないくらいの事なんですよ。
ちょっと前にあった通販サイトで値段ミスして注文殺到とか、インターネットではほんの些細なミスが短時間掲載されただけで何万から何十万という人の目に触れるというのはわかってたはずです。(まー、この場合は某掲示板とかで情報流れたというのもあるでしょうが)


この3つの事件、自分達の行動がどれだけ大きな影響を及ぼす可能性があるのかという思慮に欠けてますよね。特に警察は度々あった不祥事ですっかり評判落としてるんですから。
ビスケットの件は、変な言い方すると殺人事件ですよね。アレルギーの人に「アレルギーの原因は使ってないから大丈夫!」と言ってアレルギーの元を薦めてるわけですから。そういう認識はあったのかな?無いだろうな。

朝日は・・まー、他でもいろいろと言われてますからこれ以上は特に。評判よくないですねぇ。
私個人としては贔屓にしてる新聞社とかはありませんので。念のため。

|

« キムタクが事故を | トップページ | 牛の角 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/1110299

この記事へのトラックバック一覧です: 思慮が足りない:

« キムタクが事故を | トップページ | 牛の角 »