« 巨星墜つ | トップページ | あの映画のココがわからない »

2004年8月15日 (日)

呪怨

夏と言えばやっぱり怪談。怪談じゃないですが、怖い映画三昧でした(笑)

前からCMとかで気になっていた「呪怨」「呪怨2」の劇場版をまとめて鑑賞。
1の方はわりと面白かったです。最後の最後がいまいちよくわからなかったですが。
画面を引いた時やゆっくり流れてる時に、チラッと俊雄が映りこんでるのがいい感じに怖かったですね。ベッドの隙間から出てきた時はかなり怖かったです(笑)
肝心の伽椰子は俊雄ほど怖くはないですね。じわじわ迫ってくるのは怖いより嫌だなという感じが強いですし。
それでも、1はホラー映画として結構面白かったですよ。

問題は2。
嫌さ度合いは上がってますが、ホラー映画というよりクリーチャー物という印象が。伽椰子なんて完全に化物になってますよね。
ラストもよくわからないし。
1はまだ目的がはっきりしてたような気がするんですが、2はもはや何をしたいのかすらわからない。

噂ではビデオ版(Vシネマ版)の方が怖いらしいのでそっちを見てみたいんですけど、レンタルとかしてなさそうですよね(^^;

|

« 巨星墜つ | トップページ | あの映画のココがわからない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/1201888

この記事へのトラックバック一覧です: 呪怨:

« 巨星墜つ | トップページ | あの映画のココがわからない »