« 台風一過 | トップページ | やりぃ »

2004年6月22日 (火)

GIF騒動

覚えておられる方もかなりいると思いますが、数年前にGIFの画像圧縮技術が特許に抵触するとして特許料を巡った騒動が発生した事があります。
その特許の有効期限が、日本では6/20に失効したらしいです。
この騒動では、特許申請から10年も経ってから、突然特許を主張しはじめたという経緯があったもんで、GIF普及を見ての便乗じゃなかろうかと話題になりましたね。

GIFは米CompuServeが1987年に発表して以来、画像データの保存フォーマットとして普及していたが、そんな中でUnisysが特許成立から10年以近く経ってからLZW技術の使用に対して広くライセンスを主張。1999年には、GIF画像を掲載しているWebサイト側から特許料を徴収するライセンス契約形態を発表して混乱を呼んだ。 (インプレス

さて、失効したのを受けてGIFの普及が再開されるのではという意見もありますけど、Unisysは再申請手続きを取っているらしいです。
ちょっと疑問なのが、GIFって、もし使えなくなったとしても立ち回らなくなるような物でも無いんじゃないかなと思うんですよ。利便性とか容量とか、いろいろ利点はあると思いますけど。
例えば、webであればJPGやPNGも使えますしね。
もし、仮に「LZW技術は使わないようにしよう」とかいう運動が起こったとしたら、Unisysはどうするんでしょうね。結構インターネットユーザには評判落としてると思うんですが。

ブラウザから別ウィンドウを開くのが特許侵害とかいうのもありましたけど、こういう方々はやっぱり金銭目的なのかな。金と引き換えに評判を落とす事になってるように思うんですけどね。
目先の利益優先、数年後の事なんかどうでもいいとかいう考えなんでしょうか。ちょっと理解できない。

|

« 台風一過 | トップページ | やりぃ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/817324

この記事へのトラックバック一覧です: GIF騒動:

« 台風一過 | トップページ | やりぃ »