« チャイナな気分 | トップページ | 局地的に極寒 »

2004年4月22日 (木)

放置プレイ

はて?この事件はいったい何?
どのぐらい放置しておくと盗まれるかの実験でもしてたんでしょうか。理解に苦しむ・・。

調べによると、警備会社「日月警備保障」(千代田区)の現金輸送車が、多摩地区の25か所の郵便局を回り、現金計約2億数千万円を回収した。この日は金曜日だったため、回収を担当した同社社員らは、新宿区内の同社駐車場に現金を載せたまま放置し、3日後の月曜日に東京中央郵便局に運んだ。この際、同郵便局側で伝票と照合したところ、現金約1億5000万円が無くなっていたことが分かり、警備会社が警視庁牛込署に届け出た。(読売新聞)

普通の人の感覚だと、億なんていう金額を扱う場合はものすごい緊張すると思うんですよ。何かあると大変だし、さっさと仕事を終わらせて安心したいと思わないのかなぁ?
回収時に金額を確認してたとすると、この3日間に無くなった事になりますが、回収時にちゃんとあったかどうかという情報出てないですね。3日後に伝票と照合してわかっただけだし。
実は回収時にミスがあったんじゃない?と勘ぐっちゃったり。
まー、どっちにしろ、回収担当したやつらの責任が大きいですわな。(当然会社も)
慢性的にこういう事が行われてたんでしょうか。・・でしょうね。だからマヒしてたんだとしか思えない。緊張感無さすぎ。
警備会社内部の人間の犯行かという疑いがあるようですが、こんなずさんな管理を許してた会社だしそうかもネと思っちゃいますよ。

なんか、今回の事件といい自動ドア事件といい、テキトーにやっておいて事件になってからバタバタしても仕方ないと非常に思うんですけどねぇ。
リスク回避という考えはないのか・・?

|

« チャイナな気分 | トップページ | 局地的に極寒 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/476312

この記事へのトラックバック一覧です: 放置プレイ:

« チャイナな気分 | トップページ | 局地的に極寒 »