« ストラップの最後を看取る | トップページ | 焼き鳥ウマー »

2004年4月20日 (火)

未だ戦時中の人々

いつまでたってもこういう事件は無くならないですね・・。

東京都内の朝鮮高級学校に通う女子生徒らが、9日から17日にかけて電車内でチマ・チョゴリを切られたり、駅の階段から突き落とされたりするなど、嫌がらせとみられる事件が4件発生していたことが19日、警視庁の調べで分かった。(共同通信)

いろいろと思想の違いとかあるでしょうし、別にそういう考えを捨てろとは言いませんが。たぶん言っても無駄でしょうし。
でも、それを行動に起こすのはどう考えてもおかしいでしょう。今の世の中がどうなっているのか全然見えてないんですかね。在日している朝鮮の方すべてが反日感情持ってギスギスしてる訳じゃないんですから・・。
自分のやってる事が犯罪だという自覚が無いんでしょうね。何かしら自分の中で正当化できる理由があるんでしょう。そうじゃなきゃ、本能のままに行動するガキって事になりますよね。
・・まー、正当化する理由ってのも一般常識から逸脱してるとは思いますけど。

きっとこういう方々は未だに戦時中なんですよ。脳内で。
大日本帝国の亡霊から逃れられないんですよ。
そういう拠り所が無いと自己を保てない弱い人なんですよ。
だから自分より弱いとか下等だとか思い込んでる人や物に暴力をぶつけながら、優越感に浸ってるんでしょう。

かわいそうな人です。

いっそ、現地に行って自分の主張を声高に叫んで暴れてくればいいんです。気の済むまで。
安全な場所にいて、コソコソしながら学生に暴力をぶつける。きたねーよ。反吐が出る。

|

« ストラップの最後を看取る | トップページ | 焼き鳥ウマー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/466644

この記事へのトラックバック一覧です: 未だ戦時中の人々:

« ストラップの最後を看取る | トップページ | 焼き鳥ウマー »