« 春うらら | トップページ | 喉元はまだ過ぎない »

2004年4月16日 (金)

恐れていた事が

昨日心配だと書いたばっかりだったんですが、横山光輝氏が亡くなってしまいました(号泣)

「鉄人28号」「魔法使いサリー」「三国志」などで知られる人気マンガ家、横山光輝(よこやま・みつてる、本名・光照=みつてる)さんが15日午後10時29分、東京都内の病院で亡くなった。69歳だった。
漫画家、永井豪さんの話 ドラマ作りがうまく、題材が豊富で、そういう横山作品の存在が、マンガが世間に広く受け入れられる原動力の一つになった。大きな人が亡くなってつらいです。僕のロボットマンガ「マジンガーZ」はアトムと鉄人のおかげで生まれたようなものです。(毎日新聞)

お悔やみを申し上げます・・。
私は三国志,ドラマ化した伊達政宗のコミック版あたりから氏の作品を読み始めたのですが、あの今時と比べて地味に見える絵柄の中で読み始めると魅せられて仕方ない作風に惹かれました。
残念です。ただ、本当に残念です。

|

« 春うらら | トップページ | 喉元はまだ過ぎない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/447759

この記事へのトラックバック一覧です: 恐れていた事が:

« 春うらら | トップページ | 喉元はまだ過ぎない »