« 文章が・・ | トップページ | しまった! »

2004年3月17日 (水)

1510番目の惑星

10日にNASAから冥王星の外側に1510番目の惑星を発見したと発表したそうです。なんでも、公転周期が15000年んだとか・・・とてつもなく長い1年ですね(笑)
正確には惑星状天体としてあって、大きさ的に冥王星の約4分の3という事で惑星とするか微妙らしいです。冥王星の大きさでも惑星と呼ぶのを疑問視する声があるというのは初めて知りました。
新天体の名前は、エスキモーの言葉で北極海の恵みを司る神を意味する「セドナ」と付けられるそうです。

ここで非常に気になるのが、この新天体の和名です。
これまで、外側の3つの惑星はウラヌス(天空神)を天王星、ネプチューン(海神)を海王星、プルートー(冥府神)を冥王星と、惑星につけられた神の名前の神話的位置づけを以って和名としてきていますから、このセドナはどうなるかな~。
北極海星とかじゃゴロが悪いしなぁ(笑)

(惑星の数を勘違いしていたため、修正しました(^^;ゞ)

|

« 文章が・・ | トップページ | しまった! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/312208

この記事へのトラックバック一覧です: 1510番目の惑星:

» ひっそりと生きようね [たなぼた]
新しい惑星らしき天体が発見されたというニュースが町を賑わしている。 これで思う [続きを読む]

受信: 2004年3月17日 (水) 09時04分

« 文章が・・ | トップページ | しまった! »